新潟大学工学部特有の「スマート・ドミトリー」による高度工学力を有するトップ・グラジュエイツ育成プログラム

社会連携型支援技術の研究

社会連携型支援技術の研究

モーションキャプチャシステム

開発した振動タイマーの使用風景


このドミトリーでは、障害のある方やその支援者から支援機器へのニーズを直接伺い、これにもとづいた開発を行います。平成25年度には、設定時刻を振動で伝えるタイマーを作ってほしいという要望を全盲の方から受け、その開発に挑みました。マイコン、音声合成IC、スイッチ、スピーカ、振動モータを使ってハードウェアを構成し、マイコン上で動くプログラムを組みました。まさに、大学の授業で学習した電気回路・電子回路・プログラミングの集大成となりました。1年をかけて開発した振動タイマーを依頼者にお渡しし、その職場で使って頂いています。

アドバイザー教員

福祉人間工学科 渡辺哲也

ただいま表示できる記事がございません