新潟大学工学部特有の「スマート・ドミトリー」による高度工学力を有するトップ・グラジュエイツ育成プログラム

神経工学応用による医療機器研究・開発

神経工学応用による医療機器研究・開発

モーションキャプチャシステム

上腕の神経活動計測


私たちのグループでは、神経工学を用いた義肢装具の開発について研究を行っています。神経工学とは、神経科学と工学を合わせた学問で、主にヒトの神経回路網を電子回路等の人工的なもので再現して、工学に役立てようとするものです。私たちはこの神経工学を応用して、意のままに動かせる義手や義足,装具の開発を目指しています。現在は、脳波(EEG)から手の運動を再現する研究を行っています。

アドバイザー教員

福祉人間工学科 飯島淳彦

アドバイザー教員

福祉人間工学科 堀潤一

ただいま表示できる記事がございません