新潟大学工学部特有の「スマート・ドミトリー」による高度工学力を有するトップ・グラジュエイツ育成プログラム

エネルギー社会を支える未来技術の開発

エネルギー社会を支える未来技術の開発

モーションキャプチャシステム

グループミーティングの様子


私たちは来たる水素社会に貢献するため、研究に励んでいます。燃料電池のエネルギー源である水素は、爆発性があるため扱いには危険が伴います。そこで私たちは、空間内の水素分布を測定できれば将来のエネルギー社会の役に立てるのではないかと考えました。現在はEMF型水素センサーを用い箱に水素センサーを複数配置し、分布を測定することを試みています。また私たちの班では学科や学年が違う学生が集まっており、お互いの専門知識を出し合い刺激しあって活動しています。

アドバイザー教員

機能材料工学科 村上貴洋

アドバイザー教員

機能材料工学科 山内 健

アドバイザー教員

機能材料工学科 原田修治

アドバイザー教員

機能材料工学科 坪井 望

ただいま表示できる記事がございません