新潟大学工学部特有の「スマート・ドミトリー」による高度工学力を有するトップ・グラジュエイツ育成プログラム

募集要項

受講までの流れ

新潟大学工学部が行っている「スマート・ドミトリー」プログラムは、新潟大学工学部の各学科1~4年生を対象に行っています。定員制限は特に設けてはいません。今現在13の個性的なプロジェクトが進行していて、それらのプロジェクトに参加することも可能ですし、学生自らテーマを立ち上げ、一から研究することも可能です。原則的には1年次から受講し、ステップアップしながらトップ・グラジュエイツを目指すプログラムですが、2~3年次からの受講も受け付けています。しかし1年次から受講した場合と比べて、取得単位に若干の違いが出てきます。

受講するためにはいくつかの条件があり、新入生の場合は1年前期の成績が優秀であることに加えて、「工学リテラシー入門」という研究の仕方を学ぶ講義の受講が必須です。実際の受講は1年後期からになります。 またSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)出身の学生は、研究の基礎が十分備わっているとみなし、早期の受講開始も可能です。

以下に受講までの流れを示します。

プリント

トップ・グラジュエイツの要件

トップ・グラジュエイツとは、「スマート・ドミトリー」プログラムを全て修了し、以下の能力が備わったと判断される場合に、新潟大学工学部から認定されるものです。

    • 旺盛な研究意欲と高い研究能力
    • 高度かつ広範囲な学力
    • 高いリーダーシップとコミュニケーション力
    • 国際的に活躍できる能力

これらの具体的な要件は受講時のガイダンスの際に明示します。

「スマート・ドミトリー」プログラムの募集は、新潟大学工学部内掲示板や工学力教育センターホームページ、ガイダンス等で行いますので見逃さないようにしてください。また問い合わせ等も随時受け付けておりますので、このホームページのお問い合わせページからお問い合わせください。